俳句 「ちゝろ鳴く熾火の残る竈あたり」

このコンテンツは会員専用です。無料会員登録していただくか、ログインをしてください。